Subscribe to my RSS feed

デリヘル嬢になってからの潮吹きの思い出

しおふきの思い出
私はデリヘル嬢がはまったみたいで、もうかれこれ4年も過ぎようとしています。
長年、やっているといろんなお客さんがいてますますやる気が出てしまいます。
滅多にしない潮吹きをさせてもらった時は、良く覚えています。
お客さんなのに感謝感謝です。
そんな気持ちを込めて紹介します。

そのお客さんは、リピーターで何度か相手をさせてもらっている中年のちょっと疲れた感じのおじさんでした。
このような年代の方は自宅に呼ばれる事はあまりないものです。
自宅には、家族が住んでいたりするからでしょう。
立派な自宅だったので一人暮らしでも無さそうだったので、聞いてみたら離婚したそうです。
不倫相手が妊娠してしまったと言うのですから、そんな人って実際にいるのだと思ったものです。
一段と疲れている原因の察しも付きました。

コースは自宅だったからか、せっかくなので120分にしてくれました。
時間にゆとりがあるせいか、元奥さんの事や不倫相手の事など話をして、そのまま私の事になりました。
どうやら私と付き合いたいような雰囲気でした。
でも、それはプレイの前にサービスを引き出すためのテクニックだったりもしますので、そういう扱いをしておきました。

まずはシャワーで優しく体を洗ってきました。
ガツガツしてこないのも、常連客ならではの常識なのです。
その日は、なぜか執拗に洗ってきたものです。
ここで指まで入れてこられて、ちょっと引いてしまいました。
いつもと違った激しさがあったのです。
泡が中に入ると、しっかりすすいでおかないと肌が荒れてしまうから面倒なのです。
まあ、たまにはこんな事もあるのがデリヘル嬢ではあります。
そのまま身を任せていると、だんだん感じてきてしまいました。
腰をよじらせていると、ますます泡まみれの指を奥まで入れてきて、かき回すようにしてきました。
こうなると、何の抵抗もできず私も快感に満ちてきたしまったのです。
すぐに濡れやすい体質を知っているかのような仕業でした。

立ってシャワーを浴びたままバックから抱きつかれたので、思わず腰をくねらせながら「いい、いい」ばっかり呟いてました。
傍から見れば、とてもエロい光景だったでしょう。
時間もゆとりがあるのでそれも幸いしたのでしょう。
どっぷり浸かっていた感じでした。

ずっとそのままの状態だったのですが、そこでじわじわおしっこがしたくなったのです。
我慢もできなくなって、「おしっこ出ちゃう」と言いながら、漏らしてしまいました。
垂れ流し状態で恥ずかしかったけど、気持ち良かったです。
あまりの気持ち良さで気付きませんでしたが、これは潮吹きだったのです。
今までほとんどしたこともなかったので、てっきりおしっこだと思い込んでいました。
上手な指のテクニックでポイントをマッサージしてくれたからでしょう。

私は恥ずかしさでそのままへたり込んでしまいました。
気が付くとベッドの上で時間も随分経っていたようです。
彼はその後、何もしてこなかったのです。
ここで普通のお客さんは、時間いっぱいエロなプレイを次々と仕掛けてくるものです。
こんな優しいお客さんは大切にしたいものです。

風俗店の新着情報

女の子お任せフリーのお客様,
50分13,000円→12,000円、
60分15,000円→13,000円、
70分以上のコースは3,000円引きで、ご案内いたします!
皆様からのお電話、心よりお待ちしております。